メモリー増設によるWindowsの高速化について

|
インフォムスタッフの内山です。

Windowsの高速化ですが、最近の機種は購入時から搭載メモリーが、4GB,8GBが当たり前になってきましたので、使用時にあまりストレスを感じることが少ないのですが、WindowsXPやVista、Wndows7がインストールされていた機種では、当時はメモリーもかなり高価であった為に入手時にも要最低限のメモリー容量しか搭載されておらず、Widowsの起動時に重い印象を受けることが少なくなかったことと思います。

パソコンの購入当時、メモリーの価格も高かったことから、メモリーの増設には二の足を踏んでいた方も多かったと思いますが、最近はメモリーもお手頃な価格になってきたので、メモリーの増設はまさにチャンスだと思います。

WindowsXPだと1GB以上、Windows Vstaだと2GB以上、Windows7,8,10だと32bit版で4GB、64bit版で8GBの搭載である程度は起動時にストレスが感じなくなる様に思います。

弊社では、修理時にメモリー増設も合わせて行うことも可能ですの、ご相談をいただければと思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。


パソコン修理のインフォムHP


Monthly アーカイブ

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ウェブページ

アーカイブ

月別カテゴリアーカイブ