Dell Precision 490の修理

|
インフォムスタッフの内山です。

今回は、Dell Precision 490 ワークステーションデスクトップの修理を行いました。

ご依頼の内容としては、マザーボード上のコンデンサーの液漏れ膨張があるということ、光学ドライブに不具合があるということ、あとはWindowsが起動出来無いということでお預かりした、複数障害のある機体になります。

早速、機体を確認すると、マザーボード上にたしかにコンデンサーの液漏れ膨張のものを8個確認しましたので、まずはコンデンサーの交換をしてから、他に不具合について確認することになりました。

コンデンサー交換が終わったところで、機体の電源が正常に入る様になったことを確認し、他の症状の
確認作業に移りました。

光学ドライブは、ディスク自体が読めない状況になっているので、こちらは交換が必要になります。
ただ、当機種の光学ドライブは古い接続規格のIDE接続なので、SATA規格の物で交換になりました。
(※当機種にはSATAコネクターも用意されていた為)

Windowsが起動出来無いという件は、どうやらHDD自体を認識していない状態だった様です。
HDDを取り外して確認すると、なんとHDDのSATAコネクターがポッキリと折れてました。

さすがにこの状態だと、接点不良が発生し、正しく認識しない状態です。
残念ながら、HDDが認識しない状態になるので、こちらも交換になります。

診断結果が出た上で、お客様に結果を報告し、修理を進める形になりました。

マザーボードのコンデンサー交換、光学ドライブの交換、HDDの交換、OSのクリーンインストールと一通りの作業が終わった後、動作確認行い、問題がないことを確認して無事に納品となりました。

今回の様に機種によっては、マザーボード上のコンデンサーの液漏れ膨張などが発生しやすい機体もある様です。 弊社では、コンデンサー交換も対応できますので、是非お問い合わせください。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

アーカイブ

月別カテゴリアーカイブ