NEC PC-LM370AS6Bの修理

|
インフォムスタッフの内山です。

今回は、NEC PC-LM370AS6Bノートの修理を行いました。

ご依頼の内容としては、キーボードの一部キーが入力されないということでお預かりした物です。

早速診断を行う為、Windowsを起動させ、メモ帳を起動してキーの入力を確認すると、たしかに数個ほど、入力したキーが入らないことは確認できました。

キーボードのキーが入力出来無い故障の場合は、キーボード自体の故障か、マザーボードの故障のどちらかになります。

ここで、キーボードかマザーボードのどちらが故障しているかを切り分ける為、USB接続の外付けキーボードを取り付けて、キーの入力が行えるかを確認してみると、先ほど、内蔵キーボードで入力されなかったキーも、USB外付けキーボードでは、問題無く入力されることが確認されました。

USB接続の外付けキーボードで問題無く、キーの入力ができたので、今回の不具合は、キーボード自体の故障で間違いなさそうです。

お客様に診断結果を報告し、キーボードを取り寄せました。

届いたキーボードをマザーボードに接続して、キーボードからの入力が行ってみると、故障していたキーボードでは入力されなかったキーも問題無く入力されました。

他のキー入力にも問題がないことを確認し、作業完了、納品の形になりました。

キーボードは、パソコンの入力デバイスの要となるパーツです。
デスクトップ機だと、故障しても市販のキーボードが使えますが、ノートパソコンのキーボードは簡単には交換出来ません。

特に、ノートパソコンを使用しながら、飲み物を飲んだりすることは多いと思われますので、キーボードへの飲み物こぼしは、ご注意ください。

パソコンのキーボードの入力で、入力がおかしいと思ったら、一度、お問い合わせをいただければと思います。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

アーカイブ

月別カテゴリアーカイブ