Onkyo E713A9の修理

|
インフォムスタッフの内山です。

今回は、Onkyo E713A9 一体型デスクトップの修理を行いました。

ご依頼としては、リカバリをしようとしたが、フリーズしてしまうということで、お預かりした機体になります。

早速、状態を確認する為にリカバリを試してみましたが、HDDからのリカバリは出来無い状態でした。
そこで、お客様からお預かりしていたリカバリ用の起動ディスクをセットして、再度、トライしてみると、今度はリカバリできませんというメッセージが表示されました。

HDDに損傷がある可能性を考えて、HDDを取り外して、HDDのチェックをしてみると使用時間は5千時間程度で、不良セクターは無し。 ただ、リカバリ用の領域のサイズが540MBぐらいという異常な数値でした。

普通、HDD内のリカバリ領域は、15GB程度だと思うのですが、540MBと言うCDディスク1枚に満たない容量は通常ありえない様に思われます。 なんらかの原因でファイル自体がおかしくなってしまったのでしょうか?

このままだと、リカバリは行えませんので、お客様にリカバリができないので、在庫のWindowsのディスクを使用してのクリーンインストールになることを伝え、また、一部の機能に制限が出ることも案内してから作業を行いました。

HDDの記録面には損傷は確認されていないので、一度、HDDを初期化してWindowsのクリーンインストールを行いました。 デバイスドライバーもTVチューナー以外は適用出来、インターネットにも繋がることを確認して、WIndowsの認証とアップデートを行いました。

作業が完了後、動作確認を行い、無事に納品の形となりました。

今回の様にメーカー製PCのTVチューナーが入っている一体型などの場合、リカバリディスクを作成していない場合、TVチューナーなどのドライバーが入手できないことがありますので、必ず、リカバリディスクの作成を行っておいた方が安全です。

それでは、今後ともインフォムをよろしくお願い致します。

パソコン修理のインフォムHP

月別 アーカイブ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

アーカイブ

月別カテゴリアーカイブ